スーツ案内

文字や写真だけじゃない

ビデオカメラ

近年は日本でも様々な企業がビジネスにインターネットを活用しています。東京ではホームページやメールでの情報発信の際に、独自の映像を制作してユーザーに届けています。文字や写真だけの情報よりも映像制作することで、沢山の情報をユーザーに伝わるため、企業のホームページに映像を載せている東京の企業が増えてきています。
しかし、ユーザーは結構シビアです。自分が興味ないと感じると数秒見ただけで映像を停止して違うページに移ってしまうこともあります。それでは、せっかく映像制作しても意味がありません。ユーザーが食いつくような映像制作は簡単ではありません。まずは、ユーザーがどんなものを求めているかを知ることが大事です。興味を持っていること、関心があることを徹底的にリサーチします。集まった情報を元に映像制作するとユーザーも興味を持ってくれるでしょう。

興味を持ってくれたユーザーでも長すぎる映像をダラダラと見せられると飽きてしまいます。適切な量の情報をコンパクトにまとめる工夫も大事です。他にも大事になってくることはあります。映像のリズムを付けるためにテンポをつけたり、効果的な演出をしたりすることもユーザーを飽きさせない工夫の一つです。

東京の自社で映像制作するのは技術も時間もない場合は、プロの映像制作業者に依頼すると良いでしょう。実績と経験があるプロの映像は、ストーリー性があり、起承転結がしっかりしているので、誰が見ても分かりやすくなっています。東京の自社のホームページに映像を載せたいと検討している企業は、映像制作業者も検討してみてください。